何個読めますか?

建之 なんと読むかわかりますか?

先日、お友だちとお寺を参拝する機会に恵まれ出掛けてきました。
お寺で使う言葉って難しいよね。という話になり、あれやこれや話していました。
例えば、墓石に裏や横に彫ってある「建之」
読めますか。
例えば、平成二十九年一月吉日
    奥村太郎 建之
という具合に彫ってあります。
「建之」と書いて、之(これ)を建てるとか之(これ)を建つと、読み下しで読んでいることが多いようです。
神社や仏閣お寺などの記念碑や灯篭などにも、
平成○○年〇月
○○○○ 建立
というのもあったりします。
これも、けんりつ と読んでしまいがちですが、寺院や仏閣では、こんりゅう と読みます。
難しいですね。

何個読めますか?

建立、建之の他にも、お寺で使われる言葉、
お坊さんがよく話される言葉には、フリガナをうたないと読めない言葉って多いですね。
例えば、

須弥山
法会
施食会
庫裏
東司
行灯
開眼
薬石
九拝

さて、あなたは何個読めましたか?
答えは、また明日にでも。。。

最後までありがとうございます。

奥村仏具店

Facebook Comments

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2017年5月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏事豆知識

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ