忌日法要と年忌法要

初七日から、四十九日までを、「忌日法要」といいます。
故人は、亡くなったときから、初七日から、四十九日と、長い修行に旅立ちます。
そして、残された家族が、追善供養の形でバックアップします。
四十九日を過ぎて、
一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、、、、、、三十三回忌これらを「年忌法要」といいます。

Facebook Comments

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年2月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏事豆知識

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ