お仏壇に飾る輪灯の種類

仏壇の荘厳の一つ。輪灯 りんとう

お仏壇を飾る灯りは、無明(闇)を照らす知恵の光

いつもありがとうございます。
輪灯とは、お仏壇のお灯明をともすための仏具の一つ
お灯明とは、無明の闇を照らす智慧の光とされています。
浄土真宗などの荘厳では、ロウソクの明かりのほかに、輪灯や灯篭が用いられている。
形状は、あぶら皿をのせる皿に輪を付けた形になっている。
この輪灯の形も、宗派によって色々なものが用いられる。
輪灯輪灯輪灯輪灯
種類はこんなにあるんです。

輪灯のことなら奥村仏具店までお問い合わせください。

Facebook Comments

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年2月20日 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:仏具色々

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 石川成裕 より:

    現在ようらくらは付いています。輪灯を購入してつけたいと思っていますが、ようらくと輪灯をどのようにして繋ぐのですか?大谷派です。

    • totteoki より:

      コメントありがとうございます。現在、ようらくは付いているということですので、今のようらくの竿をそのままご利用されて輪灯を吊るすことが出来ます。また、ようらくを新しくご購入されると、輪灯に吊るすための付属の竿は付いております。ようらくを吊るす場合は、相吊りではないものをお求めください。よろしくお願いします。輪灯


石川成裕 にコメントする

このページの先頭へ