真宗大谷派のリン台

真宗大谷派の仏具 リン台

真宗大谷派で使われる鈴の台
先日 、

浄土真宗本願寺派の六角のリン台
について書きましたところ、

「お東さんは、どうなの?」

とお問い合わせを数件頂きましたので、

今日は、真宗大谷派のリン台について書いてみました。
真宗大谷派 リン台
八猪目型と言われる四角形をしたリン台を用いることが多いです。
お値段もしっかりしますので、

ご予算に応じては、木製の四角形のリン台をお勧めすることもあります。
真宗大谷派 リン台

そしてもう一つの特徴が、丸布団を用いないことが多いです。
金襴輪
丸い輪を布団の代わりに置きます
他にも

雲輪リン台を用いる場合もあります

そして、大きさはお鈴の大きさと同寸を用います。
4寸のお鈴なら4寸のリン台という具合です。

セットでそろえるとこんな感じになります。
真宗大谷派リンセット
リンは、瑞竜リン上磨きを

サイズ在庫など変動します
まずはお問い合わせください
奥村仏具店

Facebook Comments

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年5月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏具色々

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ