坐禅の作法~手の組み方~

坐禅のすすめ

私も最近、お寺の座禅会に参加したりしています。
何かをするのをやめ、何かになろうとするのをやめ、ただ静かに坐ってみませんか。

合掌(がっしょう)・叉手(しゃしゅ)について

座り方

坐禅の作法

手の組み方

坐禅の時の、手の組み方です。
右手を左の足の上におき、その上に左の手をのせて(右手の指の上に左の指が重なるように)両手の親指を自然に合わせます。
この手の形を法界定印(ほっかいじょういん)といいます。
組み合わせた手は、下腹部のところにつけ、腕と胸の間をはなして楽な形にします。
両手の親指はかすかに接触させ、力を入れて押しつけたり、離したりしないようにします。

坐布は、4サイズあります。

寸法:直径26~33センチまで4サイズ展開中
サイズ目安
26センチ、29センチ 女性サイズ
30センチ、33センチ 男性サイズ

材質:黒色綿布、内部パンヤ綿 

座禅をするときに、お尻の下に入れ、正しい姿勢になるようにするための座蒲団

坐禅布団詳細

Facebook Comments

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年3月2日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:坐禅

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ