お墓参りの必需品

お墓参りのマナー

お墓参りの仕方 

お墓参りの必需品は

お墓参りに行くとき、何を持参すればいいでしょう?
お墓の掃除道具、礼拝するための仏具です。
掃除道具としては、雑巾(綺麗なものがいいですね)、スポンジ、たわし、ホウキ&ちり取り、花きりハサミ、ゴミ袋、手桶、ひしゃくなどが必要でしょう。
便利な掃除道具がセットになった商品もあります。
お墓掃除セット
お墓の掃除セット
3,100円

礼拝のための仏具としは、お数珠、供花、お線香、ロウソク、お供え物、懐紙、風防ライターなどでしょう。
便利なひとまとめになった商品も色々あります。
お墓参り
大きな墓地霊園などでは、手桶やひしゃく、ほうきちりとりなどは、墓地の水場に備え付けてある場合もあります。

タグ

2012年4月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:お墓参り

お墓参りの基本 お墓に着いたら。。。

お墓参りのマナー

お墓参りの仕方 

お墓参りにしたらまずは!

お墓参りに行ったらまず何をしますか?
菩提寺などの寺院に併設された墓地の場合は、まずご住職への挨拶そして、御本尊、位牌堂をお参りしてから、お墓まりしてから、墓地へのお参りをしましょう。
お墓では、まずお墓の周りを清掃してきれいにしてから、墓前にお供え物をして、
墓前に、ご先祖への感謝を込めてお参りします。
清掃の仕方は、お墓の清掃を御覧ください。
お墓の清掃道具は、
こちらのページ
奥村仏具店

タグ

2012年4月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:お墓参り

お彼岸やお盆、命日以外にもお墓参り

お墓参りのマナー

お墓参りの時期 いつ行くのでしょうか

命日、お盆、お彼岸以外にもお墓参り

お墓参りとは、故人を偲び先祖を敬う日本ならではの風習ですね。
先の記事にて、命日、お盆、お彼岸には、家族揃ってお墓参り一般的になっています。
それだけでは、ありませんね。
結婚や出産、進学や就職などの家族のお祝い事があった時に、故人へ報告も兼ねてお墓参りに行ったりすることもありますね。
お祝い事以外でも、自分を見つめなおす機会として、お墓参りされてもいいでしょう。
できるだけ、お墓参りの機会を増やされることはとても、良いですね。
お墓参りグッズなら、
奥村仏具店

タグ

2012年4月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:お墓参り

お盆とお墓参りについて

お墓参りのマナー

 お墓参りの時期

お盆とお墓参り

多くの地域では、ご先祖様を迎えるために、精霊棚を8月13日(7月13日)日
作ります。
13日の夕方か夜に、菩提寺とお墓を参り、先祖の霊を迎えます。
これを、「精霊迎え」と言います。
また、玄関先などで、霊が迷わず帰って来られるように、「迎え火」を焚きます。
地方によっては、お墓に霊を迎えに行って、
お墓参りをして、お墓で提灯に火を灯しそのまま、提灯の火を消さずに
自宅まで持ち帰ることを行なっていることもあります。
そして、迎え火として、玄関先で、ほうろくの上などで、麻柄(おがら)や松の割木などを焚いて、霊を迎えます。

盆提灯に火を灯します。
14日~15日
この期間も、できるだけ家族でお墓参りができるといいですね。
初盆には、僧侶を呼んで初盆の法要を行われます。
16日

送り火で霊を送ります。
また来年来て下さいと、心をこめて送ります。
新盆で使用した、白い提灯は一緒に燃やすか、菩提寺に納めます。
京都の「大文字焼き」もこの送り火の一つです。

タグ

2012年4月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:お墓参り

お彼岸とお墓参り

お墓参りのマナー

 お墓参りの時期

お彼岸とお墓参り

お彼岸は、年に2回。
春と秋にあります。
春分の日を中日として、前日3日、後日3日の間を「春のお彼岸」
秋分の日を中日として、前日3日、後日3日の間を「秋のお彼岸」
としています。
春分の日は、3月20日21日ころ
秋分の日は、9月23日ころ
このお彼岸に合わせて、寺院では「彼岸会」が行われ、読経や法要が行われます。
この彼岸に合わせて、菩提寺を参拝したり、お墓参りに行ったりします。
お墓参りに持って行ったらいいもの
線香・ローソク・数珠・マッチ・花・など、お供えに必要なもの
ホウキ、雑巾、たわし、など、掃除に便利なもの
手桶、柄杓、お供え物など
どうしてお墓参りに行くのでしょうか?
彼岸とはで書いています。
宜しかったらご覧ください。
奥村仏具店

タグ

2012年4月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:お墓参り

お墓参りの時期は?

お墓参りのマナー

 お墓参りの時期

お墓参りにには、必ずこの時期に行くという決まりがあるわけではなく
いつ行っても構いません。
どんな時にあわせて、お墓参りに行ったりしたらいいでしょうか。
主には、法要にあわせてお墓参りを行うことがあります。
まとめてみました。

命日・祥月命日
故人が亡くなった日を命日といいます。
一周忌以降、なくなった日を「祥月命日(しょうつきめいにち)」または、「月命日(つきめいにち)」といったりしています。
年回忌ごとの祥月命日には、法要が行われたりするので、お墓参りをみんなですることが多いです。

お盆
お盆には、亡くなった人が一年に一度帰ってくると言われています(宗派によってことなります)
お盆時期には、各地で、「精霊流し」「灯篭流し」を行うこともあります。
お盆の時期には、7月13日からまたは8月13日から4日間お盆の供養を行います
それに合わせて、お墓参りを行うことが多いです。

お彼岸
仏教では、生と死の境目にある河の向こうの岸を「彼岸」(ひがん)と呼び
春と秋のお彼岸の頃に、彼岸会という法要を行います。
このお彼岸の時期には、六波羅蜜を実践するためにも、お墓参りをしたりします。

タグ

2012年4月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:お墓参り

お墓参りのマナー

お墓参りのマナー

私たち日本人には、命日やお盆やお彼岸にお墓参りをする習慣があります。

本来、お墓参りはいつ行っても構わないのですが、

命日やお盆には特別 な意味があるほか、

仏教では春と秋のお彼岸の頃に彼岸会(ひがんえ)という法要があったり、
それに合わせて、墓参りをしたりします。

今日から順に、お墓参りの仕方、マナーと作法と常識についてご紹介していきます。

1. お墓参りの時期
2. お彼岸とお墓参りについて
3. お盆とお墓参りについて
4. お墓参りの仕方(お墓参りのマナーと作法)
5. 卒塔婆について
6. 墓参り代行について

タグ

2012年4月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:お墓参り

このページの先頭へ