お寺の掲示板 天寧寺 喫粥了

お寺の掲示板 天寧寺 喫粥了

毎月変わるお寺の掲示板
弊社近くにある織田信長の守り本尊と伝える三宝荒神をまつる天寧寺
今月11月は、喫粥了きっしゅくりょう
写真が悪いので、しっかり頭に入れるためにも、書き写しますね。

喫粥了  茶碗は洗ったか

禅寺の朝食はお粥です。太陽と雲を読みながら八十八日に渡って育てられたお米を、大地で濾過された水で研ぎ火をおこし粥を炊く。千年経っても変わらない
食べるのも一緒なら食べ終わって茶碗を洗うのも一緒。千年経っても変わりません。そして、これこそが「喫粥了」
作って、食べて、片付ける。これが修業のすべてです。
水を使わずに「気」で洗えとか、食べ終わったら木端みじんに割ってしまえとか・・・、まさか。特別な修業なんてありません。食べたら洗う。あたりまえのことをやっていますか。食べ終わって茶碗を洗うのに、夫がとか、妻がとか、忙しいとか、暇だとか、稼ぎがいいとか、悪いとか、まったく関係ありません。
日常生活のすべてが修業です。禅寺では炊事係を「典座」といい、食事をつくる心を修業とし、食べる時も「五観の偈」を唱えます。

あたりまえのことをやっていますか

今月の掲示板、耳が痛かった。
「作って、食べて、片付ける」
この最後の片付ける。私は、一番苦手で、夫に「あんたやって~」子供に「自分のものは自分で洗って~」
とお願いばかり。
坐禅をしに行ったり、滝行したり・・・
そうじゃない。
あたりまえのことをちゃんとしなければ。と
かなり反省した今月の気付きでした。

タグ

2016年11月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:寺の掲示板

このページの先頭へ