奥浜名 湖北五山めぐり ~2~

浜名湖 湖北五山めぐり~2~

いつもありがとうござます。
名古屋からは近そうでなかなか行けなかった奥浜名にある古刹、「湖北五山」へ出掛けてきました。
龍潭寺、宝林寺、摩訶耶寺は、こちらの奥浜名 湖北五山めぐり~1~

湖北五山 4ヶ寺目 真言宗 大福寺

摩訶耶寺から車で5分くらいの場所にありました。
大きな朱色の山門が目印

鎌倉時代の金剛力士像を左右に配した仁王像。

山門の付近は、新しい道路に加え周りに数軒ですが住宅も。
かつては、この山門をくぐり、本堂まで続いていたかと思いを馳せながら、車を走らせ駐車場、本堂へ、
受付近くには、掲示板も。

貞観17年875年に名僧教上人が幡教寺と称し今とはべつの場所で開創し、鎌倉時代初期1207年になり、この場所に移り大福寺と改称された真言宗の寺院。

本堂は、

御本尊は薬師如来が安置。
本堂は、鮮やかな朱色に彩色の彫刻が見事でした。


小高い丘にあり、境内からは浜名湖が少しだけ見えました。

御朱印は、ご住職不在でしたので、紙で頂きました。
御本尊薬師如来が書かれていました。ありがとうございます。

臨済宗方広寺派大本山方広寺 半僧坊総本殿

大福寺をあとに、最後の方広寺へ向かいました。
摩訶耶寺の檀家さんに言われた通りのぐにゃぐにゃ道。かなり険しい道でした。すれ違う車もほとんどなく、寂しい道でした。


ガードレールもなく、落ちたら谷。
ずっとこの景色。この景色を抜けようやく到着。

最後の方広寺は、流石大本山!
60ヘクタールの広大な敷地に、本堂、半僧坊真殿、三重塔などの伽藍を擁する立派なお寺でした。
まずは、駐車場横の三重塔

三重塔付近の駐車場からの境内。実際にここの場所で、大河ドラマの撮影もされたそうです。
参拝する前からテンションが上がりました。


方広寺は、浜松市北区引佐町奥山にある臨済宗方広寺派の大本山です。
本尊は釈迦如来になります。
創建は建徳二年(1371)、この地の豪族奥山朝藤の開基により、無文元選禅師により開かれた寺になります。この地が、無文元選禅師が訪れた中国の天台山方広寺に似ていることから寺名が付けられたそうです。

参拝道である亀背橋を渡って本堂へ


本堂は、明治の終わりから大正時代にかけて竣工された間口六間の大きな木造建築。
東海地方では最大と言われているそうです。

後藤岩五郎作の欅の一木彫り昇り龍の彫刻
午前中に回った龍潭寺には、左甚五郎の蟇股の龍も立派でしたが、こちらも見事。
地代の背景がわかりますね。
江戸時代中期に活躍した左甚五郎の孫弟子にあたります。


本堂裏手には、羅漢の庭があり、ここのお寺には、五百羅漢の石像が点在し、必ず自分と似た像を見付けることが出来ると言われているそうです。

頂いた御朱印は、奥山半僧坊と。

駆け足で回った湖北五山でしたが、無事にまわり終え、名古屋に着いたのは7時過ぎ。

ちょうど12時間の小旅行でした。

今度はいつ行けるかな??

最後までご拝読ありがとうございます。

 

 

タグ

2017年4月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:拝観日記

奥浜名 湖北五山めぐり

浜名湖 湖北五山めぐり

いつもありがとうござます。
名古屋からは近そうでなかなか行けなかった奥浜名にある古刹、「湖北五山」へ出掛けてきました。
ちょうど、NHK大河ドラマ「直虎」で話題になっていることもあり、相方も納得してドライバーを引き受けてくれました。
朝7時半頃、部活に出掛ける息子とともに名古屋を出て、
伊勢湾岸道から新東名高速をぬけて浜松いなさICまでノンストップ
9時前には、最初の目的地「龍潭寺」へ到着

井伊家歴代のお位牌を祀る「龍潭寺」

拝観時間が9時からなので、少し待ちました。トイレも10分前にならないので、先に済ませておいた方が良いですよ

受付時間までの間、墓所を回ってきました。井伊家歴代の墓や龍潭寺歴住の墓など。

詳しくはこちらのHPを龍潭寺
本堂は、延宝四年(1676)に再建

宗派は禅宗臨済宗妙心寺派
御本尊は 虚空蔵大菩薩
創建は、天平5年733年、僧行基によって開かれた寺と言われ、平安時代から江戸の末期まで井伊家の菩提寺であったと言われています。
小堀遠州の国指定名勝庭園

左甚五郎作の龍の彫刻

この山門も素敵です。

みどころ沢山です。
御朱印は、ご本尊「虚空蔵大菩薩」

初山宝林寺(しょさんほうりんじ)

龍潭寺の混雑と比較してはいけないのですが、静かでした。
寛文4年1664年、黄檗宗開祖「隠元禅師」とともに来朝した明国の僧「独湛禅師」が、旗本の近藤家とともに開創された黄檗宗の寺院
仏殿は、国指定の重要文化財というだけあって立派な建築物


御本尊は、釈迦如来。左右に阿難尊者と釈迦尊者

堂内の東西に祀られている「二十四天善神」こちらは、劣化激しく修復が待たれますね

御朱印は、ご住職不在のため、紙で頂きました。
「萬徳尊」と書かれていました。ご本尊釈迦如来のことでしょうか。

伺った時は、山門を改修されていました。
浄財の寄付依頼が出ていました。

総事業費は3億円。
山門からあがる景色も素晴らしいだろうと。
次回はいつ尋ねることができるかな。。

途中昼食をはさみ摩訶耶寺へ

宝林寺をあとに、途中、大河ドラマ館、気賀関所の混雑を横目に、オレンジロードを走り、摩訶耶寺へ
神亀3年726年行基によって開創されたと言われている真言宗の寺院
詳細は、摩訶耶寺HP



本堂は、寛永9年1632年に再建されたそうです。

御本尊は厄除正観世音菩薩は、奈良時代から守られたそうで、説明をして下さった檀家さんも一度も見たこともないそうで、1000年以上御開帳されたことがない秘仏。
御本尊は、新しく新調されたお厨子の中で厳重に管理されているようでした。

内陣の天井画も素晴らしく
これも再建以来ずっとそのままで残されているそうです。

本堂奥には、千手観音像と不動明王の展示があり、国の重要文化財に指定されている仏さまを間近で拝むことが出来ました。
ラッキーにも愛染明王の寺宝の公開もされていました。
素晴らしく繊細の彫刻でした。

庭園は、京都の苔寺(西芳寺)に次ぐ古さとのこと。

御朱印は、御本尊と大黒天と二種類ありましたが、今回は、御本尊「正観世音菩薩」
住職不在のため、紙で頂きました。ありがとうございます。

あと二ケ寺。
摩訶耶寺で説明をして下さった檀家さんに、「大福寺のあと、方広寺様までお詣りさせて頂きます。間に合うかしら?」と尋ねたら、大福寺さんは、近くだけど、方広寺さんに行く道中はかなり険しい道なのでお気を付けて。と教えて頂き、摩訶耶寺を跡にしました。
この後は次回につづきます。

タグ

2017年4月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:拝観日記

荒子観音寺 参拝記録

荒子公園 梅まつり

いつもありがとうござます。
先日、荒子観音におまいりに行ってきました。
ちょうど、近くの公園で梅まつりも行っており、満開の梅がとてもきれいでした。

荒子観音

荒子観音は、名古屋市中川区にある天台宗の寺院。
尾張四観音のひとつ「荒子の観音さん」と親しまれており、荒子観音と呼ばれることが多いが、正式には「浄海山圓龍(円竜)院観音寺」
ご本尊は聖観音で、33年に一度開帳されるという秘仏


境内からの景色は、京都を思わせる。
この多宝塔は、天文5年(1536年)に再建され、名古屋市内に現存する最古の建物で、国の重要文化財

また、数多くの円空仏を有する寺としても有名です。
ゆっくり参拝することが出来なかったのでまたゆっくりお邪魔したいと思います。

最後までご拝読ありがとうございます。

タグ

2017年3月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:拝観日記 未分類

2月12日は初午~千代保稲荷参拝記録

2月12日は初午

いつもありがとうございます。

初午(はつうま)は、2月の最初の午の日。旧暦で行う場合もあり、その場合は新暦の3月となることもありますが、
ですので。2017年の2月12日は、初午でした。
仕事の合間に参拝できるお稲荷さんということで、岐阜県海津町の「千代保稲荷」に参拝してきました。
が、千代保稲荷の初午祭は、3月8日でした。
お稲荷さんには変わりないので、
お揚げとローソクを御供えして、商売繁盛、五穀豊穣を祈祷して参りました。
ここは、月詣りに出掛ける方も多いようでいつも賑わっています。

参拝の帰りは、ここで串カツを食べるのが通例の社長

5本も食べたらしく、お腹が痛いと帰りに言っておりました。

初午の由来

初午は、711年京都の伏見稲荷大社に祀られている五穀を司る宇迦御霊神(うかのみたま)が伊奈利山へ降りた日と言われています。
その後、降り立った日に合せ、伏見稲荷大社では「初午祭」(はつうまさい)が行われるように、全国の稲荷神社でも、五穀豊穣を願うお祭りとされ、商家では商売繁盛を願うお祭りになったそうです。
近くの稲荷神社を参拝してみては

最後までご拝読ありがとうございました。

千代保稲荷

タグ

2017年2月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:拝観日記

滋賀県長浜市 木之本地蔵院 拝観記録

滋賀県長浜市 木之本地蔵院 拝観記録

いつもありがとうございます。

先月のことですが、滋賀県長浜市の木之本地蔵院を参拝しました。
時宗の寺院で、寺号は浄信寺という名前があるが、地元では、木之元地蔵の名前で知られている。とガイドさん。
本尊は、地蔵菩薩で、秘仏とされており、病気平癒、特に目にご利益があるようです。
多くの方が参拝されるが、厨子の中に入っているので、という理由から、100年ほど前に、
秘仏の地蔵菩薩の写し数倍の大きさの大銅像が作られたそうです。
DSC_2146

そして、まわりには、
身代わり蛙という方目をつむった蛙。
DSC_2149
すべての人々の大切な眼が、お地蔵様の御加護を頂けますようにと自ら身代わりの願をかけ方目つむっているとか。

本堂は前には大きな鰐口
DSC_2157
立派でした。

奥の書院は、明治天皇も宿泊されたという立派な和室。
庭園は、 江戸時代中期、築山林泉式とされ国指定の名勝となっているようです。
DSC_2153

本堂奥には、阿弥陀堂が建っており、
DSC_2156
阿弥陀如来立像と阿弥陀如来坐像が祀ってあるそうです。
仕事柄、納めてある仏具に目が行ってしまいます。
立派な内陣でした。
DSC_2151

大縁日は、毎年8月22日から25日
今年平成28年は30年に一度の御開帳があったようです。
次は30年後ですね。
お近くに行かれたら参拝されてみてはいかがでしょうか。

最後までご拝読ありがとうございました。

木之本地蔵院HP

タグ

2016年9月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:拝観日記

中村公園周辺 常泉寺 日蓮宗

中村公園周辺 常泉寺 日蓮宗 拝観記録

いつもありがとうございます。
奥村仏具店です。
名古屋の方ならだれでも知っている、中村公園にある大きな鳥居の豊国神社を参拝したあと、加藤清正と一族の円佳院日誦上人とともに、秀吉を祀る為に創建した「常泉寺」もあわせて参拝してきました。
ここには、日蓮宗のお寺

DSC_1921

DSC_1895

立派な本堂

DSC_1899

太閤山

DSC_1896

DSC_1898

DSC_1897

KIMG3239

常泉寺

タグ

2016年6月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:拝観日記

中村公園 豊國神社~拝観記録

中村公園 豊國神社~拝観記録

いつもありがとうございます。
奥村仏具店です。
名古屋の方ならだれでも知っている、中村公園にある大きな鳥居

名古屋観光HPよりお借りしました。

今日は、そのシンボルでもある、豊臣秀吉を祀る神社、豊国神社へ行ってきました。
何度も鳥居の前は通ったことはあっても、拝観するのは初めてでした。
ここを拝観したかったのは、
先般の地震で被災した、
熊本城内に鎮座する加藤清正公をお祀りする「加藤神社」
この神社の復興支援として受けることができる、「清正公社朱印」を頂くことが目的の一つ。
あとは、名古屋人なのに行ったことがないのが、少々悲しかったから。
特に豊臣秀吉のファンというわけではありません。

あいにくの雨だったので、あまり良い写真は撮れませんでしたが、
DSC_1893

立派な鳥居をくぐって、まず手を洗いました。

手水舎には、瓢箪のモチーフが

DSC_1887
DSC_1889

雨だったので静かに参拝できました。

DSC_1873

歴史は浅く明治18年創建

境内横には、プリプリ実った瓢箪がなっていました。

DSC_1878

御朱印も頂いて

KIMG3237

 

清正公社御朱印は、書置きです。1枚500円

ありがとうございました。

豊国神社HP

 

タグ

2016年6月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:拝観日記

このページの先頭へ