イメージ画像

最新情報

2017年9月28日おすすめ商品
報恩講に赤いロウソク
2017年9月13日おすすめ商品
梅型香炉台~真宗仏具
2017年9月7日おすすめ商品
和ろうそくの販売ページを新しくしました
2017年9月7日奥村仏具店
9月28日 オリジナルのにおい袋作成 体験教室
2017年5月30日おすすめ仏壇商品
省スペースな壁掛け仏壇

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

仏壇の役割とは?少し考えてみたいです。

お仏壇の簡略化が進んでいます
なくてもいい、
お仏壇を処分してほしい、
という方もいらっしゃいます
仏壇仏具を扱う者として、色々なお客さまとお話しをし、その方に合う、一番良い形でご先祖様の供養のお手伝いをさせて頂き、感謝の言葉を頂く。
一番うれしい瞬間です

みなさんは、仏壇にはどんなイメージをお持ちでしょうか?

人が亡くなられたときに必要なもの

お墓のようにご先祖様や亡くなられた方のために手を合わせるもの

お墓があるから仏壇は必要でない

色々なイメージをお持ちの方がいらっしゃるかと思います。

どんな役割があるのでしょうね。

よく考えてみたいです。

最後までお付き合いありがとうございました

奥村仏具店

Facebook Comments

タグ

2011年11月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏壇豆知識

四十九日とは、(しじゅうくにち)

四十九日とは、人が亡くなって49日目に営む法要の事。
四十九日までを、忌中(きちゅう)として、この日をもって忌明け(きあけ)となります。
繰り上げて行う事もあります。
七七日(なぬかなのか)ともよばれています。
この日までに、白木のお位牌から、本位牌に変えて、お仏壇を用意しましょう
宗派によってこの限りではありません。

Facebook Comments

タグ

2011年11月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏事豆知識

初七日法要とは、

初七日とは、人が亡くなって七日目のこと。
「初願忌」(しょがんき)ともいいます。
最近では、葬儀後に、初七日の法要を繰り上げて行う場合もあるが、
改めて、七日目に行う事もあります。
宗派や地方によっても異なる場合もあります。

Facebook Comments

タグ

2011年11月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏事豆知識

初七日から四十九日まで

初七日から四十九日

法要は、追善供養(ついぜんくよう)の他に、寺院の開眼供養や、報恩講など、全ての仏教行事・儀式を指します。一般的には、法事といわれるものは、遺族が故人の冥福を祈るための追善供養のことを差します。
初七日から始まり五十回忌、百回忌まで、行われます。
回数などは、地域や宗教、宗派にも異なります。

初七日(しょなのか)
亡くなって第七日目
葬儀の後に、初七日法要を済ませてしまう場合が多いのですが、
ごく親しい身内だけで法要を行うこともあります。

二七日(ふたなのか)
亡くなって第14日目

三七日(みなのか)
亡くなって第21日目

四七日(よなのか)
亡くなって第28日目

五七日(いつなのか)
亡くなって第35日目

六七日(むなのか)
亡くなって第42日目

四十九日(四十九日)
亡くなって49日目に営む法要

Facebook Comments

タグ

2011年11月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏事豆知識

奥村仏具店 アクセスマップ


大きな地図で見る

お車でお越しの場合

お電話いただければご説明させていただきます。
TEL:052-321-1867 奥村まで

地下鉄でお越しの場合

鶴舞線 上前津駅7番出口より徒歩8分
本町通り沿い橘町バス停前

Facebook Comments

タグ

2011年11月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:奥村仏具店

このページの先頭へ