2017年春彼岸

2017年春彼岸

今年2017年の春のお彼岸は、彼岸入りが3月17日、お中日は20日、彼岸明けは23日です。
お彼岸は、春分の日をお中日として、前後3日間の合わせた7日間です。
お彼岸の過ごし方を紹介いたします。

お彼岸の過ごし方

お彼岸の入りの日には、仏壇や仏具をきれいにするよう心掛けます。お墓もキレイに清掃します。
普段より丁寧に、仏壇や仏具の手入れをします。
お墓はお中日は混雑することが多いので、出来れば早めに家族と調整しながら揃って供養に行かれることをお勧めします。
墓石に水をかけたり、磨いたり、亡くなられた故人や先祖とのつながり感謝の想いを伝える時間を大切にします。

お彼岸は何を用意すれば

お彼岸用のお供えのお菓子は、季節に合わせて用意することが多いです。
春のお彼岸には、牡丹餅を御供えすることが多いです。
和菓子屋さんで購入することがほとんどですが、小さい子供さんがいらっしゃる家庭では、一緒に作ったりしても楽しいイベントになりますね。

お彼岸は、六波羅蜜の実践

「彼岸」はサンスクリット語の「波羅密多」から来たものといわれ、煩悩と迷いの世界である【此岸(しがん)】にある者が、「六波羅蜜」(ろくはらみつ)の修行をする事で「悟りの世界」すなわち【「彼岸」(ひがん)】の境地へ到達することが出来るというものです。
太陽が真東から上がって、真西に沈み昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び、この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられていたのです。
菩提寺様等で、彼岸会が行われます。この教えを会得するためにも参拝されてみては

ご不明点は何なりとお尋ねください。

タグ

2017年3月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏事豆知識

秋分の日は、お彼岸のお中日

秋分の日はお彼岸のお中日

お彼岸は、春は3月20日頃をお中日とし前後三日間ずつ、
秋は9月20日頃をお中日とし前後三日間ずつ、
あわせて7日間がその期間となります。
※※※2013年秋のお彼岸の日程※※※
彼岸の入り:9月20日
お中日  :9月23日(秋分の日)
彼岸の明け:9月26日

今日は、秋分の日、お彼岸のお中日です。
お中日には、お墓参りに行ったり、おはぎを御供えしたりします。

お彼岸のこと詳しく知りたい方は、下記ページをご覧くださいね。
奥村仏具店お彼岸ページ

ところでお彼岸には、どうしておはぎを御供えしたりする習慣があるのでしょうか。
古来より、小豆の赤色には災難から身を守る効果があると信じられていて、
邪気を払うという信仰が、先祖の供養と結びついたと言われています。
この習慣は江戸時代に庶民の間から始まったと言われいるそうです。
我が家でも、少しだけですが、おはぎをお仏壇にお供えしました。
ご先祖様に感謝して、

最後までありがとうございます。
仏壇仏具のことでお困りごとはなんなりと、

奥村仏具店

お掃除グッズ

お墓参りグッズ

タグ

2013年9月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏事豆知識

お彼岸に入りました。

秋のお彼岸の期間

お彼岸は、春は3月20日頃をお中日とし前後三日間ずつ、
秋は9月20日頃をお中日とし前後三日間ずつ、
あわせて7日間がその期間となります。
※※※2013年秋のお彼岸の日程※※※
彼岸の入り:9月20日
お中日  :9月23日(秋分の日)
彼岸の明け:9月26日

今年は、昨日9月19日が中秋の名月と重なり、
我が家では、連日の団子となりますが、お彼岸の入りには「お団子」を御供えしました。
お彼岸のこと詳しく知りたい方は、下記ページをご覧くださいね。
奥村仏具店お彼岸ページ

お彼岸中は、お仏壇の周りを掃除したり、
お墓を掃除したりして、ご先祖様に感謝して過ごしたいものです

最後までありがとうございます。
仏壇仏具のことでお困りごとはなんなりと、

奥村仏具店

お掃除グッズ

お墓参りグッズ

タグ

2013年9月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏事豆知識

お彼岸のお中日 お仏壇のお供え

お彼岸のお中日 お仏壇にお供え

今日は、お彼岸のお中日「春分の日」です。
春分の日は、ご存知の通り、
昼と夜の長さが同じになる日。
そして、自然をたたえ、生物をいつくしむ日。とされる日だそうです。
お墓参りに行かれた方も多いことかと思います。

お墓参りに便利グッズはこれですね。
墓参りセット
今日も数件ですが、出荷のご依頼を頂きました。

お彼岸のお供えといえば、おはぎですね。
我が家でもお仏壇に「おはぎ」のお供えをしました。

おはぎと言っても、
おはぎと呼んでいますか。ぼたもちと呼んでいますか?
季節によって呼び名が違っていることがあるんです。
「萩」の花が咲く秋の頃には、「おはぎ」と、
「牡丹」の花が咲く春の頃には、「ぼた餅」

ちなみに近くの和菓子屋さんは、年中「おはぎ」として販売されていますが、
昔の人々は、自然と季節を感じながら呼び方を変えていたんですね。

他に、小豆にも違いがあります。
これは、あずきの収穫時期と関係があるようです。
秋は小豆の収穫時期と重なり、採れたての小豆を餡にすることが出来るため、
柔らかいため皮も一緒につぶして使うので、粒あんの「おはぎ」に、
春は、冬を越した小豆なので、皮を除いて、こしあんの「ぼたもち」に、することが多いそうです。

なるほどですね。。。
おばあちゃんの知恵袋みたいですね。

そもそも、お彼岸に、おはぎやぼたもちを食べるようになったのは、
小豆の赤色には、災難が身に降りかからないようにする厄除けの効果があるとして、
信じられ、邪気を払うものとしてお供えしたりして食べる習慣ができたそうです。
身近に供えられる「おはぎ」や「ぼたもち」にも、色々な意味があるんですね。。

最後までありがとうございます。

タグ

2013年3月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏事豆知識

このページの先頭へ