仏壇、開眼供養には何を用意すれば

お仏壇を納めたら~何を用意したらいいでしょうか

お仏壇開きをする時に用意するもの

いつもありがとうございます。
先日納めさせていただいたお客さまより、
来週お仏壇開きをするので何を用意すればいいか?
ご質問を頂きました。
弊社では、お仏壇開き、開眼供養・お魂入れ・お性根入れ等の時は、
以前のご質問の記事でも回答したように、
お仏壇を納めたら開眼供養や入仏法要
お仏壇開きは、慶事となります。
ローソクは朱色のものが使われます。
お経の途中でローソクが消えてしまわないよう、50分くらいのものをご用意した方が良いでしょう?
お供え物も、海の物・山の物・里の物を多めにお供えします。
海山里のお供えは、お盆にのせて、膳引出の上だったり、
お仏壇の手前に小さなテーブルを出してのせられても良いでしょう
必ずしもこの仏具で、という決まりはありません。
海の物・・・乾燥昆布・わかめなど
山の物・・・乾燥シイタケ・高野豆腐など
里の物・・・大根・りんごなど
といったところでしょうか。
高月供花には、紅白の重ね餅(白の場合もあったり)をお供えしたりします。
お仏壇が小さい場合だったり高月や供花が小さい場合は、市販のお餅では大きすぎてしまうため、
予め、お餅屋さんで手配しておくことが必要です
手配できない場合は、饅頭なども良いでしょう。
高月や供花は、たいてい左右両脇に1対飾られているので、二飾りお願いすることも忘れずに
霊具膳での、精進料理も忘れずに、
浄土真宗では、開眼供養といわず、入仏式、御移徙(おわたまし)と言ったりします。
※地域や地方、宗派などによって異なる場合があります。
必ず菩提寺様にご相談くださいませ。

お仏壇のことなら何なりと
奥村仏具店

ここで出てきた仏具をそろえる
和ろうそく
高月
霊具膳

タグ

2013年5月19日 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:よくあるご質問

このページの先頭へ