和蝋燭の製造現場をたずねて岡崎市へ

和蝋燭の製造現場をたずねて

愛知県岡崎市にある、和蝋燭の製造現場をたずねてきました。

和蝋燭とは

そもそも和蝋燭といっても、
伝統的な製法で作られた和蝋燭と、
型に流して作られた型和蝋燭
の二種類があります。
伝統的な製法で作られた和蝋燭は、
ハゼの実から搾り取った木蝋(もくろう)を加熱して溶かしたものを、和紙にイグサのズイを取り出したものを巻き付けた灯芯を、何度も回し掛けては乾燥させ作っているものになります。ですので、完成したロウソクは、断面が年輪状になっています。このタイプの和蝋燭は、本和蝋和蝋と言われていたり手作り和蝋燭と言われていて、貴重なものです。
一方、型に流して作られた型和蝋燭
この原料は、米ぬかや、パーム油などの植物性原料を溶かし、型に流す製法で作られています。灯芯は、和紙等が使われています。一般的に和蝋燭として普及しているタイプは、この型和蝋燭であることが多いそうです

伝統的な和蝋燭作りの現場

和蝋燭作り、愛知県では、地場産業、伝統産業として指定されています。
愛知県岡崎市にある、本和蝋燭を作っている製造現場へ見学に行ってきました。
材料のハゼの実

このハゼの実から、種皮、種を取り除き蒸して搾り取ったものが木蝋
ハゼの実6キロから、1キロの木蝋が出来るそうです。

灯芯
和紙にイグサのズイを取り除いたものが巻きつけてあります。これは奥さまが作業されるそうで、サイズによって大きさも色々あります。

灯芯に、溶かした蝋を回しかけては乾かしての作業を行い蝋燭が作られます。
中塗り上塗りと何度かの工程ごとに、使用する木蝋の種類も違うそうで、一番高級と言われる和歌山県産の木蝋は、一番最後の上塗りに使用している。和歌山県の他、九州地方や四国でも木蝋が取れるそうです。

既に灯芯に蝋が回しかけてあるもの。

焼き鳥屋さんの「つくね」に見えるのは私だけ。。。
昨日の作業は、サイズをそろえて頭とおしりをカットする工程を見学できました。
炭火で温めた包丁で、頭の部分を切り落とし、灯芯を出します。

長さをそろえておしりを切り落とし形になって行きます。

切り口は、年輪が出てきます。
切れっぱしも溶かして再利用されるそうです。

他にも、蝋燭の形。棒型とイカリ型がありますが、まっすぐの棒型は、蝋を流すだけで良いのですが、イカリ型といって、蝋燭が、上部に行くほど広がっているもの。こちらは、形造る為に、小さなカンナで削って1本1本仕上げられるということも教えて頂きました。

本当に、手間のかかる作業だな。と

海外の方がインテリアとして使われたり、最近は、寺院だけでなく色々な使われ方をしているようですね。と
弊社でも、扱っています。
型和蝋燭、手作り和蝋燭
ご家庭用小さめ手作り和蝋燭はこちら
型和蝋燭は、こちら
型和蝋燭を使って、気軽に絵付け体験を行うイベントを開催します。
型蝋燭絵付け体験
是非ご参加ください。

最後までありがとうございます。

奥村仏具店

タグ

和蝋燭の絵付け体験会開催の御礼

いつもありがとうございます。

先日開催しました、和蝋燭の絵付け体験会が無事に終了しました。
ご参加いただいた方々、応援して下さった方々、
ありがとうございました。

14089296_1375285079167774_8171659132525398694_n

フェイスブックやブログを通してイベントを知って下さった方、

また、偶然弊社前を通って下さった方、多くの方が参加して下さいました。

14142042_1375285109167771_6693266235240413758_n

写真手前の偶然、店の前を通りがかった、4人組。
ご兄弟で、夏休みに見た、ヒマワリや虹を描いてくれました。
ご兄弟のおばあさま
「そういえば、今日、おじいちゃんの命日だった」
と、この絵ろうそくでみんなでお詣り出来ると喜んでくださいました。

他にも、来月に香川県の善通寺さまにお供えするための、ろうそくを描きに来てくださった方。

14117699_1375285175834431_2892614577323321821_n

歌舞伎の漫画を描いているH様、
開催前から、参加されることをすごく楽しみにして下さっていて、
どんな絵を描かれるのかな?
と思っていたら、やっぱり歌舞伎役者さんのイラスト
素敵に仕上がっていました。
14089252_1375285382501077_4501950193523666291_n

皆さま、思い思いに描いて下さいました。
ありがとうございました。

仏教を身近に、仏壇を身近に、
「朝に礼拝、夕べに感謝」
掌を合わせる祈りの場をもっと生活の中に取り入れて、
みんなが幸せに豊かな心になって欲しいな。

そんなことを思いながらイベントさせて頂いています。
来月も開催予定です。

もし機会があればご参加くださいませ。

9月28日(水曜日)11:00~14:00

また、ご寺院様などで、お寺でも開催してみたい。

というご希望がございましたら馳せ参じます。

どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

奥村仏具店

 

 

 

 

タグ

2016年8月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:奥村仏具店

和ろうそくの絵付け体験会

和ろうそくの絵付け体験会

いつもありがとうございます。
奥村仏具店です。
毎月28日、地域のイベントが行われている弊社界隈。
皆さんに喜んでいただけるような、イベントを弊社でも行っています。
今月は、「和蝋燭に絵付け体験会」を開催
お仏壇がないから、
ロウソクなんて使わないじゃん。という声が、どこかから聞こえてきますが(笑)
最近、インテリアとして手燭に飾っている場面
和食のお店やさんの卓上の灯りとして使われる場面
先日行われた、伊勢志摩サミットの各国の首相に渡されるお土産として和蝋燭が使われという記事を発見したり
色々なときに、和蝋燭と遭遇することがあったので、
もっと和蝋燭の灯りを知ってもらいたいな。
という素朴な店長の思いから開催が実現しました。
そもそも、和ロウソクは、植物性の原料で作られており、油煙が少なく、空気を汚しません。
なので、金箔を多く使用している寺院やお仏壇で用いられています。
そして、浄土真宗が多く普及した地域では、金箔を使用する仏壇が多いこと寺院が多いことなどから、和蝋燭を作る職人や工房も多く存在しています。
名古屋もその一つなんです。
他に多い地域は、石川県や、大阪などがあります。
今日は、絵の具と筆を使って、自由に描いて頂きました。
和蝋燭,絵付け,体験
KIMG3784
KIMG3783
あまり告知も出来ていなかったので、参加人数は少なかったのですが、
ご参加して頂いた方には、
「楽しかった~」「久しぶりに集中した~」と嬉しい感想を頂きました。
来月8月28日も開催予定です。
ちょうど、日曜日です。
是非遊びにいらして下さいませ。

タグ

このページの先頭へ