仏壇の灯篭

仏壇の釣灯篭

お仏壇にぶらさがっている、「ぼんぼり」

天井から吊るしてある吊灯篭

モノにもよりますが、

20年もするとかなり劣化している場合が多いようです。

火袋が破れていたり

電球の取替えで枠の部分がガタついてしまったり

配線も朽ちてしまったりと、様々です。

女性の私でも、簡単にできる配線なども販売されているので、

お仏壇はそのままでも、灯篭だけ取り替えることも出来ます。

ご本尊様を照らす灯篭、いつもきれいにしておきたいものです。

釣灯篭雲透かし宣徳色



釣灯篭唐草 金色(小)


お仏壇の仏具のことなら何なりと。

タグ

2014年8月16日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏具色々

仏壇の電気配線を全取替えしてきました

お仏壇の電気配線を取り替えてきました。

いつもありがとうございます。
お仏壇の天井からぶら下がっている釣灯篭
お仏壇の灯りは、
「智慧の光りとも言われ、目に見えない功徳を生む。」
と言われています。
この灯篭の灯りが付かなくなったので修理させて頂きました。

もともとあった灯篭の電気コードを外したら、
写真のようにソケット部分が熱で溶けて壊れていました。

仏壇灯篭

仏壇電球

こうなると豆電球も取り付けることが出来なくなりますし、
とても危険です。
かなり前に納められたお仏壇でしたので、
電気配線は、100Vで、コンセントから直結で通っていました。

お仏壇の灯りも、時代とともに変化しています。
昔は灯明油などを使って火を使用していましたが、
電気を使うようになり、コンセントから直結でつなぐ100V
そして100Vは消費電力も大きいため、ACアダプターを取り付けて
消費電力の小さい12V、10Vとさまざまなものが販売されています。
そして、ここ数年ではLEDタイプのものも販売されています。
今日取り替えた商品は、こちら
LED仏壇ライト
LEDタイプですと電球の玉切れがなく便利になりました。

コンセントから直接つながっている100V電気は、
配線が古くなっていると危険です。
お取り換えをお勧めしております。

お問い合わせください。
奥村仏具店

最後までありがとうございます。
仏壇仏具のことでお困りごとはなんなりと、

タグ

2014年6月12日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏具色々

このページの先頭へ