滋賀県長浜市 木之本地蔵院 拝観記録

滋賀県長浜市 木之本地蔵院 拝観記録

いつもありがとうございます。

先月のことですが、滋賀県長浜市の木之本地蔵院を参拝しました。
時宗の寺院で、寺号は浄信寺という名前があるが、地元では、木之元地蔵の名前で知られている。とガイドさん。
本尊は、地蔵菩薩で、秘仏とされており、病気平癒、特に目にご利益があるようです。
多くの方が参拝されるが、厨子の中に入っているので、という理由から、100年ほど前に、
秘仏の地蔵菩薩の写し数倍の大きさの大銅像が作られたそうです。
DSC_2146

そして、まわりには、
身代わり蛙という方目をつむった蛙。
DSC_2149
すべての人々の大切な眼が、お地蔵様の御加護を頂けますようにと自ら身代わりの願をかけ方目つむっているとか。

本堂は前には大きな鰐口
DSC_2157
立派でした。

奥の書院は、明治天皇も宿泊されたという立派な和室。
庭園は、 江戸時代中期、築山林泉式とされ国指定の名勝となっているようです。
DSC_2153

本堂奥には、阿弥陀堂が建っており、
DSC_2156
阿弥陀如来立像と阿弥陀如来坐像が祀ってあるそうです。
仕事柄、納めてある仏具に目が行ってしまいます。
立派な内陣でした。
DSC_2151

大縁日は、毎年8月22日から25日
今年平成28年は30年に一度の御開帳があったようです。
次は30年後ですね。
お近くに行かれたら参拝されてみてはいかがでしょうか。

最後までご拝読ありがとうございました。

木之本地蔵院HP

タグ

2016年9月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:拝観日記

このページの先頭へ