お仏壇を納めたら

お仏壇を納めたら開眼供養や入仏法要

開眼供養 入仏法要
仏壇が安置された後に、御本尊に命を吹き込む儀式です。
開眼供養を行うにあたっては、菩提寺様と日程を調整しお参りしていただくよう手配します。
位牌や仏壇も同様の儀式を行います。この儀式は、「お魂入れ」「お性根入れ」とも言います。
浄土真宗では、「入仏法要」といい、ご本尊様阿弥陀如来さまをお迎えする「法要」となります。
忌明けの法要を、仏壇の安置した自宅でなく寺院で行うのであれば、本尊と位牌を持参して魂入れをお願いし、帰宅後、仏壇に安置する場合もあります。
なお、各ご家庭にお仏壇を納めることは、「慶事」となります。忌明け法要とご一緒になさる場合は、お祝いの祝儀袋を別にご用意してください。なければ郵便番号欄のない白い封筒を用います。
表書きは、「御布施」となりますが、「開眼供養料」「入仏慶讃法要」などと小さく法要名を入れておくのも分かりやすいです

Facebook Comments

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. […] 魂入れ・お性根入れ等の時は、 以前のご質問の記事でも回答したように、 お仏壇を納めたら開眼供養や入仏法要 お仏壇開きは、慶事となるので、 ローソクは朱色のものが使われます。 […]

  2. […] 魂入れ・お性根入れ等の時は、 以前のご質問の記事でも回答したように、 お仏壇を納めたら開眼供養や入仏法要 お仏壇開きは、慶事となります。 ローソクは朱色のものが使われます。 […]

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ