法名軸 浄土真宗の掛け軸

法名軸 浄土真宗の掛け軸

いつもありがとうございます。
浄土真宗系の多くの宗派では、仏具としてのお位牌を用いないと言われています。
ただ、地方によっては繰出し位牌を用いている場合もあります。
位牌を用いない場合は、法名軸をお仏壇の内部に掛けたり、過去帳を置いたりしています。
掛け軸を留める専用の鋲もあります。
法名軸というのは、お亡くなりになられた年月日と法名を記した掛け軸になります。
小型のお仏壇など、掛け軸がかけられない場合は、過去帳のみを用いる場合もあります。
法名軸も様々な種類があります。
法名軸への書き写し、弊社でも時々ご依頼がありますが、手次寺にお願いされるのが一般的です。
掛け軸の種類によって色々あります。
上金仕上
本金仕上もございますが、写真画像はほぼ変わりません。予算に応じて選ばれると良いでしょう。
本金は、20年30年経過しても本金を使用しているので金色が変わりません。
法名軸上金
法名軸上金1

中金仕上
法名軸中金
法名軸中金1

並仕上げ
法名軸並
法名軸並1

ご不明点は何なりとお尋ねください。

Facebook Comments

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年7月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏具色々

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ