イメージ画像

最新情報

2017年9月28日おすすめ商品
報恩講に赤いロウソク
2017年9月13日おすすめ商品
梅型香炉台~真宗仏具
2017年9月7日おすすめ商品
和ろうそくの販売ページを新しくしました
2017年9月7日奥村仏具店
9月28日 オリジナルのにおい袋作成 体験教室
2017年5月30日おすすめ仏壇商品
省スペースな壁掛け仏壇

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

お仏壇と仏具のセット販売

家具調のお仏壇と仏具のセット販売


最近の家具調のお仏壇をご購入されたお客様の仏具を選ぶポイント

  • 小さくて、女性でも運べる大きさ
  • 掛け軸も仏具も長持ちしてお仏壇にも合うもの
  • お求めやすい価格帯
  • きめ細かいアフターサービス格

家具調仏壇に新しい仏具をセット


先日ご紹介した仏具とお仏壇のセット販売をいたします。
家具調仏壇
お仏壇は、国産の明るめのお色の14号サイズ
材質:タモ材
仕上:ウレタン塗装
高さ43×幅33×奥28㎝
曹洞宗の掛け軸スタンドを、ご本尊、脇侍入れて、
玉虫塗の蒔絵入り仏具
丸い形のお鈴(たまゆらりん)

仏具と同じ玉虫塗の供物台
玉虫色に似た色目のお位牌などなど

セット仏具詳細


セット内容の仏具には、玉虫塗りを施した蒔絵入り仏具に加え、
掛け軸スタンド


仏具の他、玉虫色の供物台、たまゆらりん、同色系の位牌など

すべて込々で148,000円

在庫や詳細について問合せ

Facebook Comments

タグ

蒔絵の入った現代風仏具 5点セット 五具足

蒔絵の入った現代風仏具 5点セット 五具足


最近の家具調のお仏壇をご購入されたお客様の仏具を選ぶポイント

  • 家具調仏具にも合う、現代的なデザイン
  • 使いやすさ
  • 供養した時、触った時に安らぎを感じる仏具
  • 求めやすい価格

新しい仏具 五具足の紹介


お客様の御要望にピッタリな仏具を入荷しました。

サイズ詳細
花瓶 幅・奥行46×高さ90mm(口径32mm)
線香差 幅・奥行72×高さ50mm
火立 幅・奥行42×高さ32mm
茶器 幅奥行42×高さ32mm
仏器 幅奥行42×高さ32mm

仏具には、玉虫塗りそして蒔絵入り


木製で、玉虫塗りと言われる高級な塗装を施しました。
艶があり、透き通っていて、光の加減や、角度によって色が玉虫のように変わります。
さらに、モミジとサクラの蒔絵が、流れるように入っています。

使いやすさを考えてオトシ付


玉虫塗りを施した蒔絵入りの本体部分は、使いやすさを考えてすべてオトシが付いています。
蒔絵の入っている木製の部分は、時々乾拭きされる程度で、
花瓶の水を入れる部分は、オトシを外してオトシの部分だけに水を入れて使えます。
お線香立や、火立ても、オトシ入りで簡単に外すことができるので、灰や蝋燭のロウの掃除をしたりするのにとても便利。
もちろん、仏器や茶器もオトシ入り
オトシを外してそのまま、本体にセットすればお供え出来ます。


お問合せは弊社まで
奥村仏具店

Facebook Comments

タグ

2017年3月30日 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:おすすめ商品

高祖忌(善導忌)~浄土宗の行事

3月14日は高祖忌(善導忌) 浄土宗

3月14日は、一般的にホワイトデーですが、浄土宗では、善導大師の忌日となります。
高祖忌(善導忌)とは、浄土宗の宗祖・法然上人が師と仰がれた中国浄土教の大成者である善導(ぜんどう)大師(西暦613~681)の忌日法要です。
浄土宗では、善導大師を高祖さま、法然上人を元祖さまとお呼びして仰いでいます。

浄土宗HP

ご不明点は何なりとお尋ねください。

Facebook Comments

タグ

2017年3月13日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏事豆知識

省スペース 仏壇 桐製

省スペースでもお仏壇 桐製で持ち運びOK


最近のお客様のお仏壇を選ぶポイント

  • 小さくて、女性でも運べる大きさ
  • 掛け軸、仏具も長持ちするもの
  • お求めやすい価格
  • きめ細かいアフターサービス

新しいお仏壇のご案内


お客様の御要望にピッタリなお仏壇を入荷しました。
早速お買い上げ
桐製で大きさも、幅24センチ高さ33センチとB4サイズ
少し前にA4仏壇というのが流行ったようですが
A4より少し大きいかもしれませんが、
掛け軸や仏具も入れることを考えると。この大きさが良いのかもしれません。

仏壇
仏壇

 すべて天然桐材の無垢を使用

仏具もしっかり入るお仏壇


仕立ての良い掛け軸、位牌、具足と言われる、真鍮製の仏具
店長のお客様に使いやすい形で、ご提案させて頂いております。
真鍮製の仏具も、色落ちの少ないウルミ仕上げの色上げ仏具、リンも仏器も茶器も同じ色目で揃えてあります。



お色目も、二種類
落ち着いた色具合の紫檀色と明るい色目のさくら色
お位牌壇として、掛け軸を安置してお厨子タイプのお仏壇として
お問合せは弊社まで
奥村仏具店

Facebook Comments

タグ

3月12日 東大寺二月堂のお水取り

3月12日 東大寺二月堂のお水取り

毎年、奈良の東大寺二月堂では、3月1日から、修二会(しゅにえ)の本業が始まり、14日間にわたって華麗な水と火の行法が行われます。
もともと、旧暦の2月1日から始まる本行でしたので、「修二会」と呼ばれ二月堂の名の由来にもなったそうです。
古くから、「修二会」が終わると春がやってくる。と言われるように、関西では春を呼ぶ行事と言われています。

詳しくは、東大寺HPをご覧くださいませ。

ご不明点は何なりとお尋ねください。

Facebook Comments

タグ

2017年3月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏具豆知識

荒子観音寺 参拝記録

荒子公園 梅まつり

いつもありがとうござます。
先日、荒子観音におまいりに行ってきました。
ちょうど、近くの公園で梅まつりも行っており、満開の梅がとてもきれいでした。

荒子観音

荒子観音は、名古屋市中川区にある天台宗の寺院。
尾張四観音のひとつ「荒子の観音さん」と親しまれており、荒子観音と呼ばれることが多いが、正式には「浄海山圓龍(円竜)院観音寺」
ご本尊は聖観音で、33年に一度開帳されるという秘仏


境内からの景色は、京都を思わせる。
この多宝塔は、天文5年(1536年)に再建され、名古屋市内に現存する最古の建物で、国の重要文化財

また、数多くの円空仏を有する寺としても有名です。
ゆっくり参拝することが出来なかったのでまたゆっくりお邪魔したいと思います。

最後までご拝読ありがとうございます。

Facebook Comments

タグ

2017年3月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:拝観日記 未分類

3月5日 啓蟄 店先の看板から

3月5日 啓蟄 

いつもありがとうござます。
2月28日のイベントの看板

これが、ずっと書き換えておらず、
店の隅っこに置いてあった。
そしたら、この隅っこの看板を見てお客様がご来店。
「におい袋作れるんですか?」って
あちゃ~~~
毎月開催しているイベント情報をご説明して、仏壇談通信をお渡しして、帰って頂き、
慌てて書き直し。

3月5日は、啓蟄(けいちつ)
毎年5日か6日です。
二十四節気の一つ。
大地が暖まり冬眠していた虫が春の訪れを感じ穴から出てくる頃です。

お店の前を通る方が立ち止まって読んでいかれます。

お線香の香りに誘われてご来店して下さることを願います!!

奥村仏具店

Facebook Comments

タグ

2017年3月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:奥村仏具店

残したい伝統工芸の技 仏壇

残したい伝統工芸の技 仏壇

いつもありがとうございます。
先日、お仏壇を買替したいというお客様の古い大きなお仏壇から出てきた後ろ板。
(後ろ板とは、ご本尊様の掛け軸や仏像が置いてある場所の後ろの板のこと)
その後ろ板をなんとか、加工して
お客様の先祖が購入したお仏壇の一部を残したい思い。
そして、弊社の仏壇の伝統工芸の技を残したい思い
せっかくなら良く魅せたい!お客様に喜んでいただきたい!という店長の思い
この3つの思いで仕上げました。
当初お預かりした状態は、以前のこちらのブログ


お預かりした時は、金箔部分に曇りがあったので、
一日かけ慎重に拭き仕上げしながらクリーニングし、
額装。
仕上がってまいりました。


まだ納品は先なので、弊社のコンパクト仏壇と一緒に撮影してみました。

中に納めたスタンド掛け軸もご先祖様から受け継がれたご本尊掛け軸をお仏壇に合わせてリフォーム。

仏さまを切るとは何事だ~!とご寺院様にお叱りを受けそうですが、
やはり、ご先祖から、ずっと自分たちの生活を見てこられたご本尊様。
形を変え小さくしても、今までのものを安置したい。
お客様のご希望に添う気持ちだけでした。

本日納品に先駆け、ご来店いただき、
ご確認。
お客様の「うわ~きれいステキ!」
その声で
ホッと一安心。
ご先祖の思いを残したい。お客様の希望に添えるお仕事が出来ました。
大きなお仏壇から小さなお仏壇にダウンサイズされる方
最近多くいらっしゃいます。
お仏壇には、素晴らしい伝統技術の技が詰まっている。
お仏壇の処分等でお困りの方、ご相談に乗ります。
ご希望あればご連絡下さいませ。
ただ、処分するだけも承っておりますが。。。。

Facebook Comments

タグ

2017年3月3日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:奥村仏具店

2017年春彼岸

2017年春彼岸

今年2017年の春のお彼岸は、彼岸入りが3月17日、お中日は20日、彼岸明けは23日です。
お彼岸は、春分の日をお中日として、前後3日間の合わせた7日間です。
お彼岸の過ごし方を紹介いたします。

お彼岸の過ごし方

お彼岸の入りの日には、仏壇や仏具をきれいにするよう心掛けます。お墓もキレイに清掃します。
普段より丁寧に、仏壇や仏具の手入れをします。
お墓はお中日は混雑することが多いので、出来れば早めに家族と調整しながら揃って供養に行かれることをお勧めします。
墓石に水をかけたり、磨いたり、亡くなられた故人や先祖とのつながり感謝の想いを伝える時間を大切にします。

お彼岸は何を用意すれば

お彼岸用のお供えのお菓子は、季節に合わせて用意することが多いです。
春のお彼岸には、牡丹餅を御供えすることが多いです。
和菓子屋さんで購入することがほとんどですが、小さい子供さんがいらっしゃる家庭では、一緒に作ったりしても楽しいイベントになりますね。

お彼岸は、六波羅蜜の実践

「彼岸」はサンスクリット語の「波羅密多」から来たものといわれ、煩悩と迷いの世界である【此岸(しがん)】にある者が、「六波羅蜜」(ろくはらみつ)の修行をする事で「悟りの世界」すなわち【「彼岸」(ひがん)】の境地へ到達することが出来るというものです。
太陽が真東から上がって、真西に沈み昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び、この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられていたのです。
菩提寺様等で、彼岸会が行われます。この教えを会得するためにも参拝されてみては

ご不明点は何なりとお尋ねください。

Facebook Comments

タグ

2017年3月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏事豆知識

桃の節句にぴったりなにおい袋を作るワークショップ 御礼

桃の節句にぴったりなにおい袋を作るワークショップ

いつもありがとうございます。
気軽に仏壇店に入って頂きたい、お香に親しんで頂きたい、そんな思いから様々なイベントを開催しております。
毎月28日は、弊社周辺で様々なイベントが開催されていることもあり、それに合わせて
今月2月28日は、「桃の節句にぴったりなにおい袋を作るワークショップ」を開催しました。

実は、このイベント2年続いています。
試行錯誤しながら、数十回開催。
いつもは、白檀、安息香、丁子、かんしょ、など様々な香原材料の話を混ぜながら、レシピを伝えて調合して頂いていましたが、
今回は、時期的なものもあり、桃の節句にぴったりな春らしい香りを調合したものを用意させて頂きました。

香りを聞き、そのまま小袋に詰められる方。
少しアレンジしてオリジナルにされる方。
レシピを見て詰められる方。
こじんまり和気藹々と開催することが出来ました。

また、来月も開催予定です。
是非ご来店お待ちしております。

Facebook Comments

タグ

2017年2月28日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:奥村仏具店

このページの先頭へ