仏壇の採寸 台付きの背の高いお仏壇編~

お客様とのお話から、仏壇の大きさってどこを測れば、いいんでしょうか?

と、ご質問がありました。ので、少し書いてみました。

20号とか18号

10号とか11号

背の高い台付のお仏壇と、たんすなどの上におくタイプのお仏壇とでは、

測る場所が違いサイズの表記も異なります。

仏具の大きさは、仏壇の寸法によって異なり、適合寸法が決まっています。

仏具を新調なさる場合は、赤い矢印の部分を測ってきてくださると、

弊社でも、アドバイスがしやすく、お仏壇にあった仏具を選ぶことができますね。

台付きの背の高い仏壇の場合は、

仏壇,寸法
扉の下の部分の胴体の部分を測ります。下の部分や上の部分は、広がっている場合があるので注意が必要ですね。

胴幅が、60.5cmくらいだったら、尺寸法で「2尺=20寸」→20号

胴幅が、112cmもあるお仏壇だったら、

同じく尺寸法で「3尺7寸=37寸」→37号

これは、別名 「大仏」(おおぶつ)と言ったり、

「御二百」(おにひゃく)と言ったりしますね。

どんなに大きくても、胴幅がサイズになります。

130センチなんて超巨大なお仏壇も製造しています

古く明治時代頃から仏壇製造が行われていたため、

現代になっても、尺の表記が残っているんですね。

最後までありがとうございました。

奥村仏具店

Facebook Comments