漆仕上げ 山号額の修理

額の修理

いつもありがとうございます。
山号額が仕上がってきました。

2か月前引取ってきたときは、
状態は悪く、
艶はなく、
色も落ち焼けて、
割れもあった状態でした。

割れを埋め、文字彫りの悪くなっている部分を修理し、
文字の部分を塗る作業、
すり漆を掛ける作業、
朱入りを差す作業、
かなりの工程を経て仕上がりました。
すべて本漆仕上げです。

風の強い日となりましたが無事に納めることが出来ました。

施主様も、前より立派になったわ。と、

山号額は、ある意味お寺の看板。
喜んで頂けてよかったです。

漆の臭いプンプンしてた。被れないといいけど、、、
ちょっと心配。

最後までご拝読ありがとうございました。

問い合わせ先

株式会社 奥村仏具店
名古屋市中区橘1丁目4-11
電話番号
052-321-1867(午前9時~)
ファックス
052-323-8016(24時間)
メール
お問合せ

タグ

2018年3月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏具色々

唐木仏壇の修理

唐木仏壇の修理


10月に家のリフォームに合わせてお預かりしていたお仏壇。
家のリフォームと同時にお仏壇もリフォームとのご用命を頂き、無事納品できました。
ありがとうございました。
dsc_2655kimg5199
障子の布をはりかえ、
dsc_2654kimg5202
後ろ板、横板、金紙をすべて取替え
凹み等を埋め込み等で直し塗装
仏壇の洗い修理と聞くと、金仏壇?というイメージですが、
黒檀や紫檀といった銘木の唐木仏壇でも、修理は可能です。
お問合せ下さい。

タグ

2016年11月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:お仏壇納品事例

金つながりで金継ぎワークショップ

金継ぎ教室 ワークショップ 

いつもありがとうございます。
奥村仏具店です。

12月に金継ぎワークショップを開催することとなりました。
金継ぎ、ご存知ですか。
金継ぎとは、
「器のひび、われ、かけを繕う日本古来の技術です。」

日本人は、古代より、良いものを長く使うために時間と知恵そして技術を費やしてきました。
物が溢れ、使い捨てが多い現代社会ですが、先人たちの知恵や技術を学び、生活に取り入れてみませんか。
古典技法の中に現代的な要素を取り入れ活躍中の彫刻家淺野健一氏を講師にむかえ、開催いたします。
14717261_1430329280330020_8514578445713981247_n

ご興味ありましたら是非ご参加くださいませ。

12月3日(土曜日)19:00~20:30
12月10日(土曜日)19:30~20:30
両日合わせてのご参加可能な方
費用 8,640円
材料キッド含む
尚、材料キッドに含まれているのは銀装飾となります。
金装飾をご希望の方は1000円追加となります。
よろしくお願いします。

ご注意:ご連絡だけでは、お席を確保することが出来ません。
弊社口座への入金で予約完了となります。
どうぞよろしくお願いします。

タグ

2016年10月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:奥村仏具店

このページの先頭へ