いつもありがとうございます。

馴染みのお客様、
「前に仏花の造花を買ったんだけど、同じように、造花の榊ない?」
とご来店。
これですか?

そうそう。これ、

榊だとこれですね。

お買い上げ頂きました。ありがとうございます。

お客様と話していたら、

ちょっと悲しい仏花になってしまって、でも買い物に行けないって時あるじゃない。

そんな時に限って、「お参りさせてほしい」と親戚が来たり、

急いでこれに替えて、お参りしてもらうの。

それで榊もあったら便利かも。と思って今日は来ました。と10分くらい色々お話。

もちろんお寺様がお参りに来て下さるときは、生花の仏花にしておられるとのことで、ホッとして接客終了。

お仏壇に御供えするお花。お仏花(おぶっか)

最近は、造花やプリザーブドフラワーなど、色々なお花を供えられる方も多くなってきた。

必ず生花を供える。わかってはいても、仕事の都合で買い物に行けなかったり、家を空けることが多かったり。

どうしても毎日のお水の手入れが、疎かになってしまいがち。

命日や月命日等の大切な日や、お盆、お彼岸には生花を供えることを基本に、

造花やプリザーブドフラワーと生花を上手に使い分けてみるのも良いと思っています。

また、生花を供えると毎日水を替えるとお花が長持ちします。手を合わせる際に、ちょっと一手間。

この時間が仏さまとの素敵な時間となるはずと思っています。

最後までありがとうございます。

Facebook Comments