いつもありがとうございます。
ご来店ご相談を受けるお客様、
それぞれに仏具や仏壇に対しての想いがあります。

戦前から住んでおられたご自宅の解体

今日は、戦前から住んでおられた家を解体するのに、何かを残したい。
お客様の想いに応えたい。

古材からお数珠に

ご寺院様の本堂を立て替えたりするときに、不要となる柱や梁などの木材を加工してお数珠に仕立てて、檀家様にお配りしたり。
時々ご依頼を頂きますので、同じように、お客様の想いを受け取りました。
必要な本数などをお尋ねして、見積もりを出して手配させて頂きました。

古材をお店に運んでくださいました。

お客様に、解体現場から、大黒柱や床柱などを、数本持って来て下さい。とお願いしておき、本日ご来店。
立派な木材。打ち込んである釘は手作りの古い釘。
さて、これがどうなるかはお楽しみ
お客様の物語が始まります。

Facebook Comments