四十九日とは、人が亡くなって49日目に営む法要の事。
四十九日までを、忌中(きちゅう)として、この日をもって忌明け(きあけ)となります。
繰り上げて行う事もあります。
七七日(なぬかなのか)ともよばれています。
この日までに、白木のお位牌から、本位牌に変えて、お仏壇を用意しましょう
宗派によってこの限りではありません。

Facebook Comments