初七日から、四十九日までを、「忌日法要」といいます。
故人は、亡くなったときから、初七日から、四十九日と、長い修行に旅立ちます。
そして、残された家族が、追善供養の形でバックアップします。
四十九日を過ぎて、
一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、、、、、、三十三回忌これらを「年忌法要」といいます。

Facebook Comments