漆仕上げ 山号額の修理

額の修理

いつもありがとうございます。
山号額が仕上がってきました。

2か月前引取ってきたときは、
状態は悪く、
艶はなく、
色も落ち焼けて、
割れもあった状態でした。

割れを埋め、文字彫りの悪くなっている部分を修理し、
文字の部分を塗る作業、
すり漆を掛ける作業、
朱入りを差す作業、
かなりの工程を経て仕上がりました。
すべて本漆仕上げです。

風の強い日となりましたが無事に納めることが出来ました。

施主様も、前より立派になったわ。と、

山号額は、ある意味お寺の看板。
喜んで頂けてよかったです。

漆の臭いプンプンしてた。被れないといいけど、、、
ちょっと心配。

最後までご拝読ありがとうございました。

問い合わせ先

株式会社 奥村仏具店
名古屋市中区橘1丁目4-11
電話番号
052-321-1867(午前9時~)
ファックス
052-323-8016(24時間)
メール
お問合せ
Facebook Comments

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2018年3月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:仏具色々

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ