仏壇にまつわるお悩み

自宅にある大きなお仏壇、小さく買替したから処分したい

引越するからお仏壇を処分しないといけないけど、どうしたらいいのか。

買い替えやお引越し、子ども達がいなくて継承するものがなかったり。お仏壇を処分しなければいけないご事情は様々です。
どのようにしてお仏壇を処分すればいいのか詳しく解説していきます。

1、仏壇を処分するポイント

仏壇の処分方法には色々あります。
それぞれ仏壇に対する考え方や予算によって選択してください。

仏壇に対する考え方

お仏壇は、通常使う家具と異なり、手を合わせる礼拝物であり魂が宿っていると考える人が多いでしょう。
仏壇を特別なものとして、しっかり供養して処分してあげたい。この場合は、それなりの処分費用などがかかるでしょう。
お仏壇は、御本尊様の閉眼供養(精抜供養)をしてしまえば、家具同様になる。とおっしゃられる方もいらっしゃいます。お寺様にしっかり供養して頂き、その後、処分業者に依頼することも出来ます。

処分の費用

仏壇を処分するのには費用が発生します。大きな仏壇であれば運び出す搬出のための人工も必要となり、運び出すためのトラックも必要となります。
また、お仏壇を処分するのにも費用が掛かります。
予め見積もりなどを取られて処分方法を検討されることをお勧めします。

2、仏壇の供養

お仏壇の処分の前にしておくべき大切なことがあります。これをしておかないと引き取らないという処分業者もあるくらいです

閉眼供養・魂抜き・精抜供養

お仏壇の御本尊、位牌等々に宿っている魂を抜く供養。眼を閉じて頂く供養となります。
これを行っておかなければ、ご先祖様の魂も一緒に処分してしまう。ということになってしまいます。
そのために、仏壇を処分する際は、必ず菩提寺様に供養して頂きお経を上げて頂きましょう。
菩提寺様が分からなかったり、取り次いでもらえなかった場合は、出張して頂けるお坊さんを探しましょう。
今はインターネットなどで、お坊さん紹介サービスをしているところもあるようですし、
仏壇店に処分を依頼する場合は、仏壇店が紹介してくれる場合もあります。まずは、相談してみましょう。

3、仏壇の処分 引き取り先の依頼

処分等の見積り予算が決まったら、処分となります。
引取っていただく前に、お仏壇の中に大切なものがないかを必ず確認しましょう。
菩提寺様の閉眼供養は、最低限の御供えは揃えましょう。
お花、お水、灯り、お線香、などです。
お寺様への御布施は、直接お尋ねして用意しておきましょう。

仏壇の引き取り先

閉眼供養を終えたお仏壇は、家具と同様と考えて良いかと。
仏壇の引き取り先は、遺品整理の業者、菩提寺様、仏壇仏具店、粗大ごみとして

お寺に引取ってもらう。

菩提寺様に相談してみましょう。供養した後、引き取ってもらえる寺院様もあるようです。

仏壇仏具店で引き取ってもらう

仏壇仏具店では、仏壇を販売するだけでなく、処分のサービスも行っています。
新しいお仏壇を購入することによって処分代金等を負担してくれるサービスを行っているところもあります。
仏壇店によっては、お仏壇の閉眼供養、お寺の手配まで、一括で行ってくれるところもあります。

粗大ごみとしてお住まいの環境事業所

閉眼供養を行った仏壇は、一般的な家具と同様と考えられます。ですので、粗大ごみとして出すこともできます。自治体や仏壇の大きさによって処分手数料はかわり、小さいサイズのものであればご自身で解体し、燃えるごみとして出すこともできます。

4、仏壇処分の流れ

仏壇を処分することが決まったら、
サイズ等を確認して見積もり

菩提寺様に日程の調整

供養

お仏壇の片付け
大切なものがないかを確認

搬出

仏壇店等では、集合で供養する仏壇供養祭を行ってるところもあります。
そのまま処分業者にて、解体され、リサイクルされたりします。

5、仏壇の処分の注意点

仏壇の引き出しの中には大切なものがはいっていることがよくあります。
取り出すのを忘れて業者に引き渡してしまうこともあるかも知れません。
両親や祖父母との思い出の品が、引出の中に入っていることも多いため、、仏壇を処分する時には、必ず忘れずにチェックしておきましょう。

ご相談は奥村仏具店まで

Facebook Comments