西国三十三箇所巡礼 18番札所 六角堂

いつもありがとうござます。
今年は西国三十三箇所が草創1300年なので、まわりはじめました。
バスツアーです。
都合よく行きたいコースがあったので、4番から17番まですっ飛ばして出掛けてきました。

第18番札 六角堂

知らなかったのですが、生け花発祥の地だそうです。華道の池坊が住職を代々務められているそうです。なので、現看守様は池坊専永様。奥さまは元公明党の池坊保子様ですね。
知らなかった~~~(^^ゞ

六角堂本堂

明治10年の再建で、六角宝形造なので、「六角堂」の愛称で親しまれているそうです。御本尊は、聖徳太子の念持仏と伝える如意輪観音坐像秘仏で、御前立が安置されています。



本堂前にある、大きな香炉。三人の力持ちが持っています。3人それぞれの表情があって面白いのです。

しだれ桜の下の十六羅漢

しだれ桜の枝を支えているのも六角形

色とりどりのお地蔵さまも可愛い

本当に六角形

本堂横の池坊会館のエレベーターから確かめてみることが出来ます。

3機エレベーターが設置されていますが、一番右手のだけガラス張りになっています。

本当ですね。しだれ桜の枝の支柱も、ココは、何もかも六角形

素敵なお寺でした。

六角堂の御朱印

最後まで無事にまわることが出来ますように。

ご拝読ありがとうございます。

[六角堂頂法寺 データ]
●山号 紫雲山頂法寺
●寺号 頂法寺(ちょうほうじ)六角堂は通称
●宗派 天台宗系単立
●本尊 如意輪観世音菩薩(秘仏)
●西国三十三カ所観音霊場第18番札所
▲拝観料無料 朱印 300円
▲拝観時間 6:00–17:00(納経時間 8:00–17:00)
▲〒604-8134 京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町 TEL: 075-221-2686
http://www.ikenobo.jp/rokkakudo/index.html

 

Facebook Comments